• 印刷する

テイクオフ:日韓の新生サッカー代表…

日韓の新生サッカー代表が動き出した。6月のサッカーW杯ロシア大会と8月のジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会が終わり、両国とも来年1月のアジアカップに焦点を合わせる。

日本と韓国は地理的に近いこともあり、海外の代表チームを呼ぶ場合、入れ替わりで試合を行うケースが多い。このほど開催された国際親善試合の2試合も、日本とパナマ、韓国とウルグアイがまず対決。その後、日本がウルグアイと、韓国がパナマと、それぞれ対戦した。

その2試合は両国とも負けなし。特に、FIFAランク5位のウルグアイを撃破したのには驚いた。日韓共に若手が躍動し、攻撃的で見どころのある試合が印象的だった。

来年1月のアジアカップも大いに盛り上がるだろう。日本と韓国は決勝トーナメントに上がれば直接対決の可能性がある。久々の日韓戦への期待も大きい。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ネットフリックスのお…(01/22)

EV電池、日中韓の三つ巴に 韓国勢成長も伸び率は日中に後れ(01/22)

サムスン、台北信義区に中華圏初の旗艦店(01/22)

昨年素材・部品輸出、過去最高を更新(01/22)

起亜自、インド第1弾モデルを試験生産へ(01/22)

韓国イースター航空、越2路線を就航へ(01/22)

ラーガン、サムスンのスマホレンズ受注か(01/22)

中小企業の輸出、18年は過去最高の1146億$(01/22)

データセンターの米エクイニクス上陸へ(01/22)

地場クラウド、金融・公共機関の攻略へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン