• 印刷する

テイクオフ:フェイクニュースという…

フェイクニュースという言葉は既に一般化した。情報産業の片隅でろくをはんでいる者としては、関心を持たねばならない事柄だ。

インドネシアの大統領選でもフェイクニュースが話題になった。反ジョコ大統領で有名な活動家が暴行を受けたのは「ウソ」だと告白し、騒動になった事件は記憶に新しい。最初の証言が、警察の捜査が進むにつれ次第に食い違っていった。最後には両陣営が「フェイクニュースで被害を受けた」と主張するようになった。地震で選挙活動が自粛ムードとなる中、不思議な盛り上がりを見せていた。

ただ、フェイクニュースは笑い話ではない。うわさ話や口コミが千里を走る。スマホとSNSがその加速度を高める。今後大統領選が本格化するにつれ、玉石混交の情報が飛び交うことになる。情報産業の片隅にいても細心の注意が必要と己に言い聞かせる。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

アパレル受託各社、東南アで生産増強(04/19)

タイヤバルブの六暉、中国アモイ工場拡張(04/19)

テイクオフ:2億人近い有権者が一斉…(04/18)

ジョコウィ氏が再選確実 大統領選、得票率5割超でリード(04/18)

国会議員選、闘争民主党の第1党がほぼ確実(04/18)

インドネシアの主な政党(04/18)

史上初の同日選は混乱なし、首都南の投票所(04/18)

シティリンク、マレーシア進出計画を否定(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン