和平特別会合が閉幕、重要課題は継続協議

ミャンマーで16日、政府高官、国軍幹部、政府との停戦協定(NCA)に署名済みの少数民族武装勢力(10勢力)が参加した「21世紀パンロン会議」の特別会合が閉幕した。1年以上にわたり交渉を続けているものの、現在も合意に至っていない連邦軍の設立などの重要課題について協議を…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

グローバル化指数が急上昇 貿易増が貢献もインフラに課題(02/22)

農村へ金融知識、日本人起業家が冊子発行(02/22)

越書記長、ラオス・カンボジア歴訪へ(02/22)

1月のインフレ率は6.94%、前月上回る(02/22)

チン州初の空港が近く完成、交通改善に期待(02/22)

外貨持ち高を自己資本の20%以内に、中銀(02/22)

マンダレー郊外で大規模開発、ゴルフ場など(02/22)

SMI、10~12月売上高は16.6%減少(02/22)

地場研究所、英のリスク管理研修機関に認定(02/22)

政策実行の指令、中央政府の作業部会に集約(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン