中油のインドネシアナフサ、年産100万トン

台湾の石油元売り最大手の公営企業、台湾中油(CPC)の戴謙董事長は16日、インドネシア国営石油プルタミナとナフサ分解プラントの共同建設に向けた覚書(MOU)を締結し、工場の年産能力は100万トンになると明らかにした。MOU締結の正式発表を遅らせたのは、中国の介…

関連国・地域: 台湾インドネシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台北MRTでユニホーム…(09/24)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

医療保健支出16%、過去最高 「高齢社会」鮮明、18年家計調査(09/24)

鴻海系FII、敏実とスマート工場で提携(09/24)

スカイアンコール航空、台湾2県に就航へ(09/24)

5Gの第2弾免許、23年に交付へ(09/24)

TSMCの5ナノ、20年3月に量産へ(09/24)

遠伝、韓国TV局と提携で5G生番組配信(09/24)

半導体封止の日月光、生産の自動化を加速(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン