• 印刷する

テイクオフ:動画投稿サイト「ユーチ…

動画投稿サイト「ユーチューブ」を通じて保守系の主張を伝えるメディアが韓国で雨後の筍のように増えている。元韓国経済新聞主筆のチョン・ギュジェ氏がその代表格。同氏が運営するサイトは1日、10万件以上のクリックを集める。職務停止中だった朴槿恵(パク・クネ)前大統領との単独インタビューで日本でも知る人ぞ知る存在だ。

他にも、朴政権でセクハラ疑惑で更迭された前大統領府報道官は、文在寅(ムン・ジェイン)政権に対する舌鋒鋭い批判で人気を集める。最近では、文在寅(ムン・ジェイン)政権が誕生してから公営放送MBCを追い出された現場の記者やプロデューサーらが、ユーチューブを通じて自らの主張を展開している。

保守系メディアの増加には、政権や野党も警戒心を見せる。韓国に健全なメディア文化が造成されることを期待したい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製薬5社、18年売上1兆ウォン超える(02/22)

折り畳みスマホ、100万台販売目標=サムスン(02/22)

インフラ事業へ参加も、韓印会談で協力確認(02/22)

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

テイクオフ:韓国の街を歩いてみれば…(02/22)

旗艦モデル「S10」シリーズ発表、サムスン(02/22)

1月の輸入物価指数、11カ月ぶりの低水準(02/22)

東芝メモリが上場へ、政投銀が3千億円出資(02/22)

SK会長、持ち株会社の取締役会議長を退任(02/22)

サムスンが折り畳みスマホ、5G対応機種も(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン