不動産アナンダ、BIMにVRを初導入

タイの不動産開発会社アナンダ・デベロップメントは、同国で初めて、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM=コンピューター上で仮想の建物を詳細に設計する工程)にVR(仮想現実)技術を活用するVR・BIMを投入した。設計のコスト削減、期間短縮につながる…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月5日に、タイのスワ…(01/16)

マツダの18年販売は37%増 6年ぶり7万台、今年も1割増へ(01/16)

タイCPの食肉加工など、投資7件を認可(01/16)

TMI総合法律事務所がオフィス開設(01/16)

空港高速鉄道入札、CPの特別提案を審査(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

レムチャバン港入札、応札1社でやり直しへ(01/16)

新日鉄住金ソリュ、東南アでAIサービス(01/16)

Bグリム、ラオスの水力発電所に追加投資(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン