• 印刷する

米グーグル、来年韓国にデータセンター設立

16日付電子新聞は、米グーグルが来年、韓国にデータセンター「ソウルリージョン」を設立すると伝えた。グーグルはこれまで韓国へのデータセンター設立に消極的だったが、成長の可能性が確認できたことから設立を決めたとみられている。

グーグルはこのほど、韓国のクラウド事業パートナーを対象にデータセンター設立計画を発表。ソウルのほか、大阪、スイス・チューリッヒにも設立する予定だ。

韓国ではアマゾン進出以降、サムスン電子やLG電子などの大企業がクラウドを導入。公共機関や金融圏でもクラウド関連の規制を改定しており、来年から新規市場が開かれる。市場調査会社ガートナーは韓国のクラウド利用支出が今年の2兆ウォン(約1,984億円)から2021年には3兆4,400億ウォンに拡大するとみている。

グーグルが昨年、ビッグデータ分析などクラウド関連サービスを開始したことを受け、韓国のパートナー企業からデータセンター設立を求める声も大きかった。

グーグルは今月25日、ソウルで「グーグルクラウドサミット」を開催。グーグルクラウドの最新情報を開発者やユーザーに共有する場であることから、これを機に韓国市場の攻略を本格化させるとみられている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:飲酒運転事故を起こした…(11/14)

「独身の日」韓国勢の商機に 積極販促で売り上げ増加(11/14)

富士ゼロックス、韓国仁川工場を閉鎖へ(11/14)

電池3社がファンド設立、次世代技術共同開発(11/14)

現代自、南部工場拡張に700億ルピー投資(11/14)

偵察衛星開発事業、肝心な技術は海外から(11/14)

スマート工場導入の中小企業、7割が満足(11/14)

韓越の廃油処理会社、油水分離工場を建設へ(11/14)

政府と労働界の関係悪化、大規模ストも(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン