• 印刷する

トール、会計部門の外注で330人を解雇

日本郵政の傘下で、オーストラリアの運輸大手トール・ホールディングスは16日、金融部門や会計部門を外部委託することでオーストラリア事業から330人を解雇することを明らかにした。海外事業では700人の大幅な人員削減となる。事業構造をシンプルにして効率を高めることが目的だとしている。16日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(電子版)が伝えた。

トールは、通信大手テルストラの会長だったマレン氏が社長に就任して以来、既に2,000人以上を解雇している。

トールは全世界で4万4,000人を雇用しており、親会社の日本郵便と10月1日付で折半出資により、「JPトールロジスティクス(JPトール)」を設立したばかり。トールは新事業を展開する一方で、事業コストの見直しを図っている。

マレン社長の経営の下、トールは2017/18年度(3月期)に前年度までの赤字から、純利益1億1,900万豪ドル(約95億円)の黒字に回復している。また、今年1~3月の売上高は前年同期比5%増となっており、4~6月期も同6~7%の拡大になる見込みだという。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもが通う小学校が創…(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

今年のM&A取引、総選挙実施で低調予測(01/18)

産金業界大手の大型合併、豪で警戒感も(01/18)

ウッドサイド、スカボローLNG実現で投資(01/18)

NSW炭鉱で労使交渉妥結、港湾ではストへ(01/18)

新規再生エネ蓄電施設が稼働、投資増加も(01/18)

EV増加で充電施設の整備を=EV企(01/18)

豪証取委、自動車ローン取締りで調査実施中(01/18)

豪銀、英EU離脱懸念で独蘭に拠点移動計画(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン