鉄鋼タタ、破綻ブーシャンの生産能力増強へ

インドの鉄鋼大手タタ・スチールは、5月に取得したブーシャン・スチール(BSL)の年産能力を現行の560万トンから830万トンに引き上げる計画だ。2年以内のフル稼働を目指す。ライブミント(電子版)が15日に伝えた。 ブーシャンの新社長に就任したラジブ・シンガル氏が社内報…

関連国・地域: インド
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド経済に関するデー…(09/23)

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

法人減税で民間投資の促進へ 1.5兆ルピー規模、財政悪化の懸念も(09/23)

南部に医療インフラ拠点、日本輸出で初(09/23)

エーザイ、抗がん剤の販売で米マイランと提携(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

日通が地場同業に22%出資、国内物流を拡大(09/23)

国道公団、用地未取得の事業打ち切りへ(09/23)

マルチスズキ、祭事期に小型SUV投入(09/23)

タタ、5車種で装備充実の「プロ」仕様導入(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン