• 印刷する

株買い支え政府系ファンド、不調株を売却へ

株式買い支えを目的とするマレーシア政府系ファンドのバリューキャップが、収益性が悪く上昇率も低い不調株の放出を決めたもようだ。15日付マレーシアン・リザーブが関係筋の話として伝えた。

バリューキャップは現在、不動産投資信託(REIT)12銘柄など全33銘柄に投資している。昨年末までの投資総額は31億リンギ(約835億円)に上るが、時価評価額は約25億リンギ規模と低迷している。政府は、同ファンドの不良債権を整理し、国家債務の圧縮に振り向ける考えだ。

バリューキャップは2002年、政府系投資会社のカザナ・ナショナルとプルモダラン・ナショナル(PNB)、公務員年金基金(KWAP)の3者が出資して創設した。13年までの間、年率平均15%の収益を上げていたが、ナジブ前首相は15年、低迷する国内株式市場の買い支えをバリューキャップの新たな役割として設定していた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

航空貨物MASカーゴ、ハラル市場参入へ(17:24)

カントリーハイツ、不動産の売却検討(17:19)

ペナン土砂崩れで4人死亡、違法工事原因か(18:24)

テイクオフ:マレー鉄道(KTM)の…(06/27)

上期の景況感、前期に続き下落 来期は改善予想、JACTIM(06/27)

RM=25.8円、$=4.14RM(26日)(06/27)

マレーシア航空再建、売却も依然視野=首相(06/27)

KL高裁、エアアジアの司法審査請求を棄却(06/27)

鉄鋼タシン、IPOでペナンに生産拠点設立(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン