• 印刷する

テイクオフ:鉄格子といった柵がなく…

鉄格子といった柵がなく、自然に近い環境でライオンやオランウータンなどが観察できるシンガポール動物園。9月下旬から、丸太の上を歩いたりするゾウのパフォーマンスが中止された。今後のショーでは、自然な振る舞いを観客に見てもらうという。3年前にはゾウの背中に乗れるイベントが取りやめられており、動物愛護をさらに推し進める格好だ。

猿回しやアシカショーなど愛らしい動物の芸は、見る者を楽しませてくれる。一方で、動物を調教しパフォーマンスをするよう仕向けることについては、一種の「動物虐待」とみる向きもある。9月に神奈川県で開かれたセーリングのワールドカップ(W杯)開会式で披露されたイルカショーに対し、一部の外国人選手から批判の声が上がったのは記憶に新しい。

人間と動物の関係はいかにあるべきか――。その答えは時代と共に変わっていくのかもしれない。(墺)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

経営者の3割が従業員を降格、米社調査(19:27)

太陽光発電サンシープ、台湾に合弁会社(19:27)

建設業界に復調の兆し、雇用も増加(20:51)

テイクオフ:高層ビルが立ち並ぶシン…(06/19)

FA強化へ地場メーカーに出資 三菱電機、中国市場の販路開拓(06/19)

住友商事、青果販売スミフルの全持ち分売却(06/19)

地場メーカー、中国企業とLNG事業で提携(06/19)

人工衛星機器メーカー、地場同業を買収(06/19)

シンガポール航空、医薬品輸送で欧州社と契約(06/19)

独エボニック、動物飼料添加剤の新工場稼働(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン