• 印刷する

テイクオフ:領収書にある4,850…

領収書にある4,850HKドル(約7万円)という金額を見て、思わず声を上げて驚いてしまった。先日、小学生の次男が香港で歯医者にかかった際の治療費だ。

前任地の上海でも歯科受診したことはあるが、1回でここまで高額になったのは初めて。今回は歯の詰め物が取れて受診したところ他に虫歯が見つかり、全て治療したらこの金額になったとのこと。加入している日本の健康保険で一部費用の払い戻しを受けられる可能性を残すものの、あまりに高くてショックを受けた。

今後もこうした事態が続けば家計への打撃は大きいと考え、歯科向けの保険商品はないかと探してみると香港の保険会社が扱っているのを見つけた。最も高額な商品だと年間保険料は6,000HKドル以上に上るという。加入すべきか見送るか。子どもたちの歯磨きを手伝いながら悩んでいる。(祐)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ハンセン銀、「大湾区」向け投資拡大へ(02/22)

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

11~1月の失業率、10期横ばいの2.8%(02/22)

石垣市が食材提案、中華シェフがアレンジ(02/22)

ララムーブ、シリーズDで3億ドル資金調達(02/22)

銀行各行、大湾区地域で新事業模索(02/22)

HKEX、深センのフィンテック企業買収へ(02/22)

続伸、IT銘柄が急上昇=香港株式(02/22)

宮古・下地島空港に就航、香港エクスプレス(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン