• 印刷する

日豪経済合同委員会、シドニーで年次会議

日豪経済合同委員会は、きょう15日からシドニーで開会式や全体会議を開催する。14日の日豪/豪日経済委員会運営委員会の開催を皮切りに、同日から16日まで開かれる。エネルギー・電力の問題やインフラ開発、スタートアップ企業の発展など多岐にわたる内容が議題として取り上げられる。

14日にはほかに、歓迎レセプションが開催された。15日からの会議は主要議題を「Taking the Long View」とし、長期的な視点に立った日豪両国の各種の経済問題について、参加者により議論が行われる。また次世代リーダーに焦点を当てたセッションも開催されるほか、希望者を対象にシドニー中央商業地区(CBD)西部バランガルーやダーリングハーバーを訪問する産業視察会も開催される予定だ。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で一時期話題になっ…(02/22)

QLD州でガスが足りない! 25年までにLNGフル稼働困難(02/22)

FMG66%増益、鉄鉱石価格上昇と需要増で(02/22)

グレンコアが石炭生産制限、投資家の圧力で(02/22)

豪1月失業率、5.0%で横ばい(02/22)

税回避タスクフォース、総額77億ドルを徴収(02/22)

〔政治スポットライト〕前外相が議員辞職、次期選挙出馬せず(02/22)

R&D税控除制度、政府がガイドライン発表(02/22)

ペルーとの貿易協定遅延、豪労働党が再交渉(02/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪裁判所、ビザ不服申立て未処理6万件超(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン