• 印刷する

日豪経済合同委員会、シドニーで年次会議

日豪経済合同委員会は、きょう15日からシドニーで開会式や全体会議を開催する。14日の日豪/豪日経済委員会運営委員会の開催を皮切りに、同日から16日まで開かれる。エネルギー・電力の問題やインフラ開発、スタートアップ企業の発展など多岐にわたる内容が議題として取り上げられる。

14日にはほかに、歓迎レセプションが開催された。15日からの会議は主要議題を「Taking the Long View」とし、長期的な視点に立った日豪両国の各種の経済問題について、参加者により議論が行われる。また次世代リーダーに焦点を当てたセッションも開催されるほか、希望者を対象にシドニー中央商業地区(CBD)西部バランガルーやダーリングハーバーを訪問する産業視察会も開催される予定だ。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事からの帰り道、あと…(07/17)

豪企4割、賃上げ率0~2% 全国CEO調査(07/17)

豪政府、職業教育訓練制度の改革に着手(07/17)

豪LNG輸出が世界2位、国内供給はひっ迫(07/17)

豪財界団体AIG、ガス価格の抑制に期待(07/17)

QLD石炭輸出量、6月に単月過去最高(07/17)

豪ライオン、飲食業向け採用企に再出資(07/17)

印アダニ、豪事業で2億7300万ドル損失計上(07/17)

豪で健康な若者の民間医療保険離れが加速(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン