• 印刷する

テイクオフ:インドネシアでは、人が…

インドネシアでは、人が侵入できないはずの高速道路でも、物売りの姿を見かけるのは珍しくない。出口付近に渋滞する車列を目指して、飲料水や軽食を売りにやって来る。

ジャカルタ南郊に向かうジャゴラウィ高速道で見かけたその人は、何も手にせず身一つで現れた。びくとも動かない車列の間をうろついて、「客」となった運転手と料金を交渉している。売るのは「道案内」。目的地のボゴール方面には、避暑地としても有名な観光地が多い。高速道路から一般道に出てもずっと渋滞が続く。その人は客の車に相乗りして、地元の人しか知らない裏道を案内してくれるそうだ。

出口の少し手前にあるレストエリアに誘導され、そこから抜け道に出るらしい。渋滞で一時間以上も待機するより、早く目的地に到着できる。商魂たくましい人たちの手にかかれば、何でも商売になり得る。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジョクジャ新空港、国内線から運航開始(17:59)

首都知事、空閑地の土地建物税を引き上げ(17:07)

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

国際自動車展、欧州2ブランドも新モデル(04/26)

国産電動バイクと伊バイクの2社が初出展(04/26)

新日本コンサルが現法設立(04/26)

独ショット、医療用ガラス容器の生産増強(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

ピザハット運営社、年内にブカシに工場完成(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン