• 印刷する

テイクオフ:インドネシアでは、人が…

インドネシアでは、人が侵入できないはずの高速道路でも、物売りの姿を見かけるのは珍しくない。出口付近に渋滞する車列を目指して、飲料水や軽食を売りにやって来る。

ジャカルタ南郊に向かうジャゴラウィ高速道で見かけたその人は、何も手にせず身一つで現れた。びくとも動かない車列の間をうろついて、「客」となった運転手と料金を交渉している。売るのは「道案内」。目的地のボゴール方面には、避暑地としても有名な観光地が多い。高速道路から一般道に出てもずっと渋滞が続く。その人は客の車に相乗りして、地元の人しか知らない裏道を案内してくれるそうだ。

出口の少し手前にあるレストエリアに誘導され、そこから抜け道に出るらしい。渋滞で一時間以上も待機するより、早く目的地に到着できる。商魂たくましい人たちの手にかかれば、何でも商売になり得る。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末のジャカルタでは、…(11/19)

政策パッケージ第16弾発表 税優遇・投資規制の緩和に重点(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

アジアクエスト、三菱系ITセンターを支援(11/19)

エフコード、BCAにウェブ接客ツール導入(11/19)

19年の州最低賃金、33州で決定(11/19)

9月の対外債務、前年同月比4.2%増に減速(11/19)

ダイハツ小売り台数、1~10月は16万台(11/19)

五菱、独立機関による衝突試験の評価に反論(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン