安川電機は過去最高、8月中間は設備投資堅調

【共同】安川電機が10日発表した2018年8月中間連結決算は、売上高が2,482億円、純利益が260億円だった。いずれも中間期として過去最高水準。自動車関連の企業を中心に生産効率化への設備投資が堅調で、ロボットの需要が伸びた。 一方でスマートフォン関連部品の需要の伸びが想定…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

江丙坤氏が死去、日本との経済交流に尽力(20:11)

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

テイクオフ:「あれ、おかしい。水が…(12/11)

NTTがAIで都市安全に、海外事業1千億円超(12/11)

中小のアジア進出に一層注力 地銀と連携強化も=商工中金社長(12/11)

楽天が携帯基地局着工、三木谷氏「価格で新風」(12/11)

11月新車販売、2%減の34万台 本年度初のマイナス、商用も減速(12/11)

ちよだ鮨、越で2周年「来年に2店舗目を」(12/11)

初の国産衛星宇宙に、日本留学の博士ら開発(12/11)

SIA、福岡線にボーイング787―10(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン