安川電機は過去最高、8月中間は設備投資堅調

【共同】安川電機が10日発表した2018年8月中間連結決算は、売上高が2,482億円、純利益が260億円だった。いずれも中間期として過去最高水準。自動車関連の企業を中心に生産効率化への設備投資が堅調で、ロボットの需要が伸びた。 一方でスマートフォン関連部品の需要の伸びが想定…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

撮影スタジオ完備の教室開設 富士フイルムが世界初、首都に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

Arinos、化粧品のネット通販開始(10/19)

イオンフィナンシャル、配車アプリ四輪融資(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

水銀ランプの生産終了へ、パナが水俣条約に対応(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン