遠雄、台北大巨蛋の経営権6割を売却か

台北市内で3年以上にわたり建設が停止したままとなっている全天候型多目的ドーム施設「台北大巨蛋(台北ドーム)」と周辺の施設について、建設主体の遠雄建設事業(ファーグローリー・ランド・デベロップメント)が、施設の経営権の60%を350億台湾元(約1,260億円)で売却する意…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜の夕方に飛び込んで…(10/23)

台鉄事故原因はスピード超過 調査委発表、列車運行は部分再開(10/23)

18年の超大型パネル出荷量、京東方が群創超えへ(10/23)

台湾マイクロン副総裁、DRAM微細化加速(10/23)

中国企業のパネル人材獲得先、台湾から韓国に(10/23)

中油、95無鉛ガソリンで不合格品発覚(10/23)

製薬の康聯、「リリカ」関連2社を買収(10/23)

合一生技と上海海和、糖尿病創傷治癒薬を開発(10/23)

KYB、改ざん対象製品の台湾での流通を調査中(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン