中油がインドネシアでナフサ分解工場、覚書締結

台湾の石油元売り最大手の公営企業、台湾中油(CPC)は11日、インドネシアの国営石油プルタミナとナフサ分解プラントの共同建設に向けた覚書(MOU)を締結した。インドネシア側の報道によると、投資額は65億米ドル(約7,300億円)に達する見込み。 中油の黄仁弘・副総経理は…

関連国・地域: 台湾インドネシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

豪がついに5G時代に突入 テルストラなど対応商品発売(05/24)

九州半導体協、SIPOと日台企業連携でMOU(05/24)

国巨グループ、インサイダー取引2件発覚(05/24)

鴻海の郭董事長、日・米・中との協力強化訴え(05/24)

英業達、19年は3大事業のR&Dに95億元(05/24)

光陽、ABS搭載スクーターなど8モデル発表(05/24)

中鋼傘下とFHS、越でコールタール処理工場(05/24)

全宇、工研院から植物由来の糖質生産技術を取得(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン