• 印刷する

貧困を自覚する世帯半数超、4年ぶり高水準

フィリピンの民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)は9日、自らを「貧困層」と捉える世帯が52%だったと明らかにした。前回調査(2018年6月)から4ポイント悪化し、14年12月以来の高水準となった。

全国の1,220万世帯が貧困を自覚していることとなる。今年の調査では、3月が42%、6月が48%と2期連続で悪化した。17年の平均は46%だった。

地域別では、マニラ首都圏を除くルソンが47%と前期から12ポイント悪化した。ミンダナオが5ポイント悪化の65%。一方、首都圏は17ポイント低下の26%と、これまでで最も低い記録となった。ビサヤは横ばいの67%だった。

貧困層を自覚する世帯のうち、貧困を感じなくなるために必要と考える家計支出(中間値)は、月額1万ペソ(約2万円)で、前期から5,000ペソ減少した。必要額に対する不足(中間値)は5,000ペソだった。

食生活が貧しいと感じている世帯の割合は、2ポイント悪化の36%。地域別では、ビサヤが49%、ミンダナオが46%、首都圏を除くルソンが31%とそれぞれ4ポイント、1ポイント、5ポイント悪化した。首都圏は2ポイント改善し21%だった。

調査は2018年9月15~23日に、全国の成人1,500人を対象に面談方式で実施した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地場ウデンナ、ダバオでモノレール敷設計画(19:31)

大衆パン、クリスマスの値上げは見送り(19:31)

不動産アヤラ、国外で新たなM&A検討(19:31)

テイクオフ:「とりあえずビール」を…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

バンダイナムコがVRを導入 東南アで初、メルコのIRに(10/16)

第3の通信業者選定入札、予定通りに実施(10/16)

比政府高官、インフレは来年までに収束(10/16)

8月の海外送金受取、0.9%減の24.8億ドル(10/16)

世銀など支援の洪水対策事業、実施計画完成(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン