• 印刷する

ヤンゴンの下水道整備などで円借款実施へ

外務省は9日、安倍晋三首相とミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相との首脳会談で、最大都市ヤンゴンの下水道整備計画、都市開発計画の2件について、限度額を699億8,500万円とする円借款供与について事前に伝えた。これに基づき、両国間で交換公文が締結される予定。

ヤンゴンの下水道整備計画では供与限度額459億円で、中心商業地区での下水処理場の改築と増設、下水管の更新・新規敷設を実施するための資金を融資。事業完成から2年後の2029年に、下水処理能力を最大約7倍とするほか、対象地域の汚水処理量を約120倍に増やす計画。ヤンゴンでは現在、し尿や生活排水、事業所の排水が未処理で河川に流入して水質悪化を招いている。

都市開発計画では240億8,500万円を供与限度額に、ヤンゴンの渋滞緩和と洪水被害の軽減などを目指す。渋滞を緩和するために排水路の改修や中心商業地区の街路整備などに資金を融資する。主要排水路の3分の1を改修・整備する。

供与条件は年利0.01%で、償還期間は40年。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英団体が国軍関与リストを発表、日本企業も(16:08)

欧州企業の景況感、低下続く 高い魅力も難民問題足かせ(12/12)

仏の7千万ユーロ融資、会計委が凍結提案(12/12)

ヤンゴンの発電所向けLNG供給、来年整備(12/12)

レンタルバイク禁止、ダウェー観光に影響も(12/12)

森林局、民間人工林の木材輸出を許可へ(12/12)

与党、地方首相や議員の監視チーム設置へ(12/12)

ラカイン北部の夜間外出禁止令、2カ月延長(12/12)

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン