証券取引で米ドル使用容認を 業界関係者ら、自国通貨に難多く

カンボジアの証券業界関係者たちが、証券取引で米ドル使用の容認を求めている。現在は自国通貨リエルでしか取引できず利便性が低いほか、新たな投資家を集める際にも取引通貨がネックになっているためだ。一方、カンボジア中央銀行はリエルの使用拡大に舵を切り、証券業界の要望を…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

地方の上水道拡張を受注 クボタ工建など、日本が資金援助(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

EU視察団が訪問、関税優遇措置を協議(03/22)

政府、トルコに電力供給船の借用打診(03/22)

LOLCの社債発行、月内にも認可=証券委(03/22)

リエル使用増も10%止まり、米ドル根強く(03/22)

税務調査の遡及年限、最長3年に(03/22)

登記手続きの一括処理、財務経済省が検討(03/22)

アリババ系4PX、物流改善へ国連と合意(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン