格差縮小の取り組み、11ランク上昇の90位

国際非政府組織(NGO)オックスファムは、貧富の格差解消に向けた取り組みを評価する「格差縮小コミットメント(CRI)指数」2018年版で、インドネシアが157カ国・地域中90位だったと発表した。昨年の101位から順位を上げた。CRI指数は、社会支出、税制、労働者の権利の3…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ゴールは、ほんの数メー…(07/16)

ネットで買い物、5割以下 プロバイダー協会調べ(下)(07/16)

富士フイルム、脳病院に画像処理機器を導入(07/16)

ヤマグチレッカー、スラバヤ市から3台受注(07/16)

5月貿易収支、2カ月連続で黒字(07/16)

インフラと投資環境の整備を推進、大統領(07/16)

新規上場企業数、4月の大統領選後に増加(07/16)

3月の貧困率9.41%、都市部は千万人下回る(07/16)

所得格差ジニ係数、2010年ぶりの水準に改善(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン