外国建設事業者、7割が事業実態なし

インドネシア公共事業・国営住宅省は、建設サービス事業者として登録した外国企業636社のうち、国内で事業を展開する企業は196社で、全体の3割程度にすぎないと発表した。事業の実態がない企業は7割近くの440社に上る。 建設局のシャリフ局長によると、約30社は過去3年間にまっ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政府、官民連携のインフラ事業を推進(13:11)

テイクオフ:「アンニョンハセヨ」。…(12/17)

接客コンテストで教育支援 イオンモール、専門店従業員に(12/17)

災害リスク保険、日本や後発3カ国が覚書(12/17)

11月の四輪新車販売、5%増の10万台(12/17)

ダイハツ小売り台数、1~11月は7.7%増(12/17)

1月に酒税改定、度数5%以下は15%増(12/17)

和碩、10億ドルでインドネシアに工場建設(12/17)

クラウドエース、月内に現法(12/17)

タツミ、増資で二輪・四輪部品工場を拡張(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン