• 印刷する

香港住宅価格、2年ぶり下落へ=RICS

土地や不動産、建築分野の国際的な専門家団体である英国王立チャータード・サベイヤーズ協会(RICS)はこのほど、香港住宅市場に関する最新調査リポートを発表し、「香港の住宅価格が向こう3カ月間内に約2年ぶりの下落に転じる」と指摘した。

この調査リポートは、RICSが香港の住宅業界関係者や専門家の意見をまとめて毎月発表しているもので、住宅販売や住宅賃貸市場の先行指標とみなされている。

今回の調査では、米中貿易関係の緊張化や、金利の上昇見通し、高すぎる住宅価格が香港の住宅価格の上昇を妨げ、住宅購買需要が約2年ぶりに減少に転じた点に着目する業界関係者や専門家の回答が多かった。

回答者の25%は、新規住宅購入に関する問い合わせが減少したと回答し、この傾向は、香港島と九龍エリアで特に顕著だった。18%の回答者は、中国本土からの住宅購入希望者の問い合わせが減ったと回答した。

リポートでは、香港全体の住宅価格が向こう1年の間に0.2%値下がりすると予想。このうち香港島は0.9%、新界は0.3%それぞれ値下がりし、九龍は0.5%上昇すると見通した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

高級腕時計のエンペラー、今年6店出店へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン