〔のぞき見〕台湾の共産党根拠地、ついに陥落

彰化県政府は、同県二水郷にある「碧雲禅寺」に違法建築があったとして、きょう26日から違法部分の強制撤去を始める。同寺では現在、所有者である地元の企業経営者が宗教活動ではなく中国共産党を賛美する活動を行っており、“共産主義の聖殿”などとも呼ばれていたことから、撤…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

同じ味とサービスが信頼の証 ココの立役者、林家振総経理に聞く(12/14)

少子化対策に労働時間削減を、林総経理の提言(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(12/14)

パネル産業は「供給過剰で苦境」、PIDA(12/14)

遠伝、5Gのパイオニアチームを発足(12/14)

晟徳、バイオ・医療創業プラットフォーム設置へ(12/14)

京華城の入札不調に、応札者現れず(12/14)

日本信義、新ブランド「SJホーム」立ち上げへ(12/14)

台電、台北市松山区の住宅地を再開発(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン