工業団地の地価急上昇、台湾への回帰投資増で

台湾北部の工業団地で地価上昇が続いている。中国に生産拠点を置く台湾企業による域内への回帰投資が相次ぐ中、用地の取得競争が激化しているのが要因とみられ、とりわけ桃園市にある各工業団地では軒並み地価が急騰している。 20日付蘋果日報が伝えた。桃園にある工業団地の2014…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「豊年祭においでよ」。…(10/15)

深澳火力発電所の建設停止へ LNG発電にめど、環境にも配慮(10/15)

大立光電執行長、4Q業績は保守的見通し(10/15)

日月光執行長、半導体「5G・AIがけん引」(10/15)

TSMC、アップル「A13」独占受注か(10/15)

ASUS、血圧測定売りのウエアラブル端末発売(10/15)

光陽、業務用電動スクーター市場に参入(10/15)

中油がインドネシアでナフサ分解工場、覚書締結(10/15)

機電設備の永冠能源、台中に新工場建設へ(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン