• 印刷する

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…

デリー市内で一番大きいグルドワラ「バングラサヒブ」へ。グルドワラとは、シク教の寺院のことだ。シク教と聞いて頭に浮かぶのは、ターバンと立派なヒゲをたくわえたフォトジェニックな男性の姿のみ。旅行会社に勤める友人の話で、「ヒンズー教の身分制度を捨ててみんな平等に、互いに分け与えながら生きていきましょう」という考えのもとに生まれた宗教なのだと知った。

24時間開放されているグルドワラへは、誰でも自由に出入りできる。「分かち合い」の精神に基づいて、毎日朝昼晩と、無料でご飯が配られるそう。ご飯は、ボランティアが作る。

お参りは無料だが、入り口で寄付をすると「ハロワ」というセモリナ粉でできた甘味がもらえる。自分で食べてもいいし、みんなでシェアするために再び寄付してもいい。半分シェアしてから一口ほおばると、甘くて優しい味がした。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン