達邦が生産増強、印工場は20年下期に量産へ

加水分解大豆たんぱく製品を製造する達邦蛋白(DaBomb)が、抗生物質を使用しない養殖産業での商機獲得を目的に海外で生産能力の増強を進めている。中国福建省ショウ州市(ショウ=さんずいに章)では建設中の工場が年末にも稼働を開始する見通しで、インドでは2020年下半期…

関連国・地域: 中国台湾インド
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:役者が発する言葉は、韓…(08/21)

フィンテックへの投資が急増 今年2倍近くへ、220億元規模に(08/21)

台湾系縫製GTI、4~6月期は83%増収(08/21)

宜鼎、米MSとAIoT向けSSDを開発(08/21)

タピオカ輸入が過去最高、19年上半期(08/21)

聯発科、5G単独規格通信の通話試験に成功(08/21)

奇景光電、靴自動接着技術を共同開発(08/21)

中鋼、4Qの域内鋼材価格は値上げも(08/21)

中秋節商戦は30億元規模、小売各社が販促(08/21)

衛福部、居住型介護施設の設置に補助金(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン