8月の外国人証券運用、2.3億ドル買い越し

フィリピン中央銀行は13日、外国人投資家による2018年8月の有価証券運用が2億2,585万米ドル(約253億円)の買い越しだったと発表した。第2四半期(4~6月)の企業の業績や、米中の貿易協議の再開などを投資家が好感し、流入額が拡大。2カ月連続で買い越しとなった。 流入額…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クオリティーはさておき…(09/25)

三菱の住宅合弁が販売拡大へ 5年で1千億円超、地方も(09/25)

イートン、マカティで複合開発(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

ADB、21年までに78億米ドルを融資(09/25)

OFW渡航者数、昨年は200万人割れ(09/25)

法人税減税も歳入への影響限定的、フィッチ(09/25)

石油貿易、上半期の赤字33%増の6400億円(09/25)

カビテ州空港計画、政府は「一定の距離感」(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン