砲弾で作り続ける包丁、台湾金門島

【共同】1950年代に中国からの集中砲撃を浴びた台湾の離島、金門島で撃ち込まれた砲弾を材料にした包丁作りが今も続いている。2013年に刃物鍛冶職人の3代目、呉増棟さん(60)の記録映画が日本で上映され、日本からの客も増えている。 中国からわずか約10キロの金門島は、毛沢東…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビジネスマンに人気の漫…(03/26)

【肖像】過酷な環境から労働者を守れ 星コウ科技創業者の黄鉦閔氏(03/26)

米インテグリスの特許訴訟、家登精密に賠償命令(03/26)

和大の18年業績、10年連続プラス成長(03/26)

中油、家庭用天然ガスの熱量一元化を検討(03/26)

天晴、静岡県台湾事務所とイベント開催(03/26)

出所不明の香港ウナギ6トン、台湾などから(03/26)

機能性繊維の興采、越に一貫工場建設へ(03/26)

自転車の巨大、18年最終利益は4割増(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン