三菱商事合弁のビル開発、賃貸仲介で契約

フィリピンの不動産開発大手センチュリー・プロパティーズ・グループ(CPG)は12日、三菱商事と合弁で開発するオフィスビルのテナント賃貸の仲介業者として、地場不動産仲介リーチウ・プロパティー・コンサルタンツ(LPC)と契約を締結した。同物件は1年後の完工を予定して…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜夜のオフィス、外の…(01/22)

鉄道2案件に1兆円支援へ 南北鉄道延伸、円借款第1弾契約(01/22)

PAL、サングレー空港の開発促進を要望(01/22)

比に日本の革新的技術を、4社が事例紹介(01/22)

ITシステム強化など10項目の改革、関税局(01/22)

21日為替:$1=52.800ペソ(↓)(01/22)

不動産センチュリー、クラーク開発に参画へ(01/22)

年内に砂糖の輸入規制を緩和、予算管理相(01/22)

燃料マーキング制度、2月から導入へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン