外国人の国保調査に論議、偽装滞在は未確認

【共同】外国人が高額医療を受ける目的で来日し、偽りの在留資格で国民健康保険(国保)に加入する恐れがあるとして厚生労働、法務両省が1月に始めた調査制度が論議を呼んでいる。約半年で在留資格偽装がはっきりしたケースは見つかっておらず、外国人を特に疑う調査で偏見を助長…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

アルプス技研が職業訓練校 農業、介護分野で高度人材を(11/16)

2Qの鉄鋼、4社が増収増益 ミタル参入に備え各社は技術強化(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

テイクオフ:ほろ酔いで深夜の繁華街…(11/16)

日本製工業品の海外展開支援 東京センチュリー、補助制度活用(11/16)

岐阜県、県産製材を売り込み 海外初の常設展、ヒノキなどPR(11/16)

三重県知事、かんきつの輸入規制緩和を要請(11/16)

ICMG、地場社と起業支援事業で提携(11/16)

三井住友銀、メトロバンクとセミナー開催(11/16)

ジェトロ、デジタル系新興企業ツアーを実施(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン