外国人の国保調査に論議、偽装滞在は未確認

【共同】外国人が高額医療を受ける目的で来日し、偽りの在留資格で国民健康保険(国保)に加入する恐れがあるとして厚生労働、法務両省が1月に始めた調査制度が論議を呼んでいる。約半年で在留資格偽装がはっきりしたケースは見つかっておらず、外国人を特に疑う調査で偏見を助長…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年の中秋節は9月24…(09/25)

【アジアで会う】田中佑典さん プロデューサー 第221回 カルチャーで日台を結ぶ(日本)(09/25)

【アジアの果物流通最前線】品質強化で日本の消費者をつかめ 台湾マンゴー、流通現場からの提言(09/25)

三菱の住宅合弁が販売拡大へ 5年で1千億円超、地方も(09/25)

【日本の税務】外国人採用時の留意点(09/25)

日越の物流政策対話、あすハノイで開催(09/25)

和大、トヨタのHV向けにギアボックス供給か(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

三井物産の奨学生、日本留学向け壮行会(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン