外国人の国保調査に論議、偽装滞在は未確認

【共同】外国人が高額医療を受ける目的で来日し、偽りの在留資格で国民健康保険(国保)に加入する恐れがあるとして厚生労働、法務両省が1月に始めた調査制度が論議を呼んでいる。約半年で在留資格偽装がはっきりしたケースは見つかっておらず、外国人を特に疑う調査で偏見を助長…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「中国革命の父」と呼ば…(03/27)

日本からの中古車輸出が継続 18年、3割減もタイ経由で(03/27)

特定技能の円滑運用へ覚書 日カンボジア、悪質業者を排除(03/27)

人気オフロード車を逆輸入、クボタが国内販売へ(03/27)

顔認証で無人運転バスに乗車 NECのシステム採用、来月試運転(03/27)

日系が新型車で好調市場狙う 乗・商用車が充実、ショー開幕(03/27)

【EV化に挑む】二大ニッケル産出国に明暗 製錬所誘致、隣国先行で比に焦り(03/27)

専門職の約5割が昇給に期待 ヘイズ調査、3~6%のレンジで(03/27)

カリスマ退場で新体制模索、日産・ルノー連合(03/27)

ホンダ、5年ぶり完成車輸出 2021年に四輪の輸出額を倍増へ(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン