• 印刷する

豪職場の女性セクハラ被害者、39%に倍増

オーストラリアの職場でセクシュアルハラスメントを受けたとする女性の割合が、過去6年間で21%から39%に増えたことが、オーストラリア人権委員会(AHRC)の調査で分かった。業種別では、メディア・通信業で81%の人が過去5年間にセクハラ被害を受けたことがあると回答し、ワースト1位だった。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)が伝えた。

世代別でセクハラ被害を受けたと回答した人は、18歳~29歳が最も多かった。また、業種別のセクハラ被害調査は今回初めて行われた。メディア・通信業は全労働人口に占める割合が全体の2%にもかかわらず、最もセクハラ被害者の割合が高かった。2位は芸術・娯楽施設業で49%、続いて公益事業が47%だった。一方、建設業や不動産業はセクハラ被害者の割合が低く、それぞれ17%、13%だった。

性差別委員会のジェンキンス委員は、職場でのセクハラ被害は年々広がっているとした上で、地位低下や失職などを恐れて正式にセクハラ被害を告発する人は少なく、「実際に被害告発をしても約半数は解決につながっていない」と述べた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本式の生産管理を導入…(04/18)

日本ペイント、豪大手買収 豪NZ展開で収益源多様化(04/18)

RBA、失業率悪化と低インフレで利下げか(04/18)

労働党、不当廉売規制強化で緊急関税も(04/18)

豪、海外への資金振替が8%と急上昇(04/18)

豪税当局とグレンコア、秘匿特権巡り係争(04/18)

豪産ワギュウの農場、香港に月2500キロ輸出(04/18)

リオ・ティント、鉄鉱石輸出量を下方修正(04/18)

AGL、SAの銅鉱に水力発電所建設計画(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン