• 印刷する

8月の広告支出2%減、3カ月ぶり減少

米系調査会社ニールセン・メディア・リサーチ・タイランドが11日発表した8月のタイの広告支出額は、前年同月比2.3%減の87億4,300万バーツ(約297億円)だった。3カ月ぶりに減少した。雑誌や映画を筆頭に、各媒体で軒並み低迷した。

媒体別では、10媒体別7媒体がマイナス。雑誌は39.5%減、映画は27.3%減、新聞は17.6%減と大きく減少した。プラスだったのはインターネット、テレビ、屋外だったものの、いずれも小幅な成長にとどまった。

広告主別の上位10社では、8社が増加。6位のテレビ通販TVダイレクトが8.2倍と伸び率が最高だった。日系ではタイ国トヨタ自動車(TMT)が28.6%増で3位だったほか、いすゞ自動車のタイ販売会社トリペッチいすゞセールス(TIS)が11.5%減で10位に入った。

1~8月の広告支出額は、前年同期比0.5%減の696億4,700万バーツだった。


関連国・地域: タイ
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:12月は一年で最も素晴…(12/12)

美的集団、エアコン投入強化 トップ3目指し日系市場に攻勢(12/12)

政党の活動解禁、民政移管の総選挙へ始動(12/12)

タイ政治を巡る動き(12/12)

エキスポの受注台数11%増、4年ぶり4万台(12/12)

マツダの11月販売、19%増の5954台(12/12)

田中精密工業、タイ工場の省力化に13億円(12/12)

EAのEV充電スタンド、年内200カ所見込(12/12)

19年の新車販売、100万台超え予測=業界(12/12)

発電TPC、廃棄物発電事業を強化へ(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン