• 印刷する

洞窟の救出劇が映画化、11月に撮影開始も

タイ北部チェンライ県郊外のタムルアン洞窟に閉じこめられた地元サッカーチームの少年12人と男性コーチの計13人の救出劇が映画化されることになった。タイ生まれでアイルランド系のトム・ウォラー監督の指揮のもと、11月から撮影が開始される見通しだ。10日付バンコクポストが報じた。

映画名は「ナン・ノン<英語名:ザ・ケーブ>」。脚本の一回目の下書きは完了しており、10月には撮影セットが設置される計画という。救出劇の映画化を巡っては、これまで複数の制作会社が関心を示してきたが、実際に映画化されるのは初めてとなる。

ウォラー監督によると、洞窟から男性コーチを救出したダイバーのジム・ワーニー氏の体験が主要な内容になるという。同監督は、映画の予算や配役については言及を避けたものの、「1つだけ確かなのは、事件に関わった人々を利用することは決してない。世界を感動させたボランティアの精神を示したい」と話した。


関連国・地域: タイ
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(03/22)

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン