• 印刷する

大統領信頼度、政権発足以来で最低水準に

フィリピンのドゥテルテ大統領に対する国民の信頼度が、2016年6月の政権発足以来で最低水準に落ち込んだ。民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)が7日に発表した18年第2四半期(4~6月)の調査によると、信頼度指数は前期の65を8ポイント下回る57に低下。評価は前期と同じく「非常に良い」を維持している。

調査は6月27~30日に全国の成人1,200人を対象に対面形式で実施した。信頼度指数は「信頼している」から「あまり信頼していない」を引いた値で、70以上が「素晴らしい」、50~69が「非常に良い」、30~49が「良い」に分類される。今回の調査で、ドゥテルテ大統領を「信頼している」と答えた人は70%で、「あまり信頼していない」は13%だった。「信頼している」と答えた人の割合は前回の76%から低下した一方で、「あまり信頼していない」との回答は10%から3ポイント上昇した。

地域別の信頼度指数はミンダナオ地方が88と最も高く、マニラ首都圏を除くルソン地方が50、ビサヤ地方が49。首都圏は42で、「信頼している」が61%、「あまり信頼していない」が19%だった。

9日付スターによると、ロケ大統領報道官はSWSの調査結果について「謙虚に受け止めるが、現政権は従来と変わらず政策を進めていく」とコメント。「信頼度そのものは依然として高い」と指摘した上で、「政府は、インフレの抑止や経済の安定化に全力を注いでいく」と語った。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

物流買収が影響、海運チェルシー72%減益(18:02)

政策金利4.75%、9年ぶり水準 5会合連続の利上げ(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

三井住友銀、メトロバンクとセミナー開催(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

石油税の来年引き上げ先送り、大統領が承認(11/16)

9月の海外送金受取、2.3%増の22.4億ドル(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

GTキャピタル、1~9月は減収増益(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン