• 印刷する

陸上庁、川重・南車にMRT新車両を発注

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は22日、川崎重工業と中国の南車青島四方機車車両(南車四方)のコンソーシアムにMRT(地下鉄・高架鉄道)南北線・東西線向け新車両(12編成)を発注したと発表した。

発注額は1億3,680万Sドル(約117億円)。1編成当たり6両から成る。2018年から順次納入を受け、19年半ばにも両線に投入する予定だ。

LTAは、2016~19年にMRTで新たに57編成を導入する計画。今回発表したのは、このうちの最後の発注分となる。

両線の新車両には、MRTで初めて跳ね上げ式座席が設置されるほか、扉上部には現在地を含む路線図や、次の停車駅で開くドアなどの情報を掲示する。

19年までには、両線のほか、北東線、環状線(サークルライン)を含めて計99編成を追加し、保有編成数を従来比で50%増やす計画だ。


関連国・地域: 中国シンガポール日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

北部MRT駅に商業施設開業 JR東、エキナカ事業の第1弾(14:38)

日系企業の5割近く、出勤率75%超に(17:02)

中国人技術者の雇用促進で合意、技術者協会(17:02)

中国の自転車シェアサービス大手、市場参入(17:02)

オリックス、自動車販売会社との合弁解消(14:17)

中国系ネット証券、国内初フルサービス開始(15:26)

低炭素電力輸入、2回目の提案依頼書発行(16:17)

ケッペル系投信、浄水施設の株式50%取得(12:58)

ボンバルディア、サービスセンター拡張完了(12:57)

インドネシア、鶏肉の輸出許可(12:58)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン