• 印刷する

ハローキティパーク、建設に向け準備

ハノイ市建築計画局と同市タイホー区人民委員会はこのほど、サンリオのキャラクターを用いた屋内型テーマパーク「ハローキティ・パーク」建設計画を含むタイホー都市区詳細計画の一部を修正したと発表した。同パークの建設に向けた準備の一環と位置付けられている。2日付ダウトゥ電子版などが報じた。

修正の対象となったのは、タイホー区イエンフー通り200番地の「13番」と呼ばれる区画で、都市公共用地面積が0.32ヘクタールから0.89ヘクタールに拡張された。建設密度や建物の高さについては、市が既に承認している基準を適用するが、設計については最大で8階建てといった屋内娯楽施設の基準を満たすかどうかを検討する。

ハローキティ・パークは、ゴルフリゾート運営などを手掛ける地場BRGグループとサンリオグループのサンリオウェーブ香港が提携して建設する。2018年内に建設に着手し、20年の完成を見込む。海外にあるサンリオのテーマパークとしては現在、マレーシアのジョホールバルと中国の浙江省の2カ所。このほか、中国の上海で建設中だという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産観光

その他記事

すべての文頭を開く

越ハラル市場、日系にも商機 増加が続くマレーシア人観光客(01/22)

鉄道管理局、HCM市に2.2兆ドン支払提案(01/22)

韓国イースター航空、越2路線を就航へ(01/22)

ハノイの住宅供給数、18年は24%増(01/22)

不動産FLC、10万人スタジアムの建設計画(01/22)

抱月工業、JBICと池田泉州銀が融資(01/22)

18年の石炭輸入、量微減も金額は63%増(01/22)

繊維の耀億、浙江省にイケア向け新工場(01/22)

チャビン省で太陽光発電、投資額1.5億ドル(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン