エチレン供給過剰へ、石油元売り投資拡大で

韓国で石油化学製品の基礎原料となるエチレンの供給過剰を懸念する見方が広がっている。石油元売り大手が、収益源の多角化に向けて、原油由来のナフサを原料にエチレンを生産するナフサ分解装置(NCC)への投資を加速させていることが背景にある。 すでにエチレン生産設備を持…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 化学天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

政策金利据え置き、7回連続=韓国銀行(10/19)

GS会長「東南ア市場拡大へタイを拠点」(10/19)

イタリアと経済協力強化へ、産業通商省(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

訪朝した経済人が勉強会、サムスン副会長ら(10/19)

韓国の家電輸出が2割減、米保護主義が影響(10/19)

サムスン、500のスタートアップ支援始動(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン