続落、新興国通貨への懸念が重し=香港株式

8月31日の香港株式市場は続落して終了した。米中貿易摩擦への懸念再燃や新興国での通貨安不安などが投資家心理の重しとなった。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比275.50ポイント(0.98%)安の27888.55。週間では0.78%の上昇。…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン