続落、新興国通貨への懸念が重し=香港株式

8月31日の香港株式市場は続落して終了した。米中貿易摩擦への懸念再燃や新興国での通貨安不安などが投資家心理の重しとなった。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比275.50ポイント(0.98%)安の27888.55。週間では0.78%の上昇。…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

周大福、7~9月の香港マカオ市場25%増収(13:15)

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

世界競争力報告、香港は7位に(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

小反落、石油関連に売り=香港株式(10/19)

中石化、香港に初の無人コンビニ出店(10/19)

旺角T.O.P、テクノロジー活用で集客(10/19)

上水の薬局に打撃、運び屋対策強化などで(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン