続落、新興国通貨への懸念が重し=香港株式

8月31日の香港株式市場は続落して終了した。米中貿易摩擦への懸念再燃や新興国での通貨安不安などが投資家心理の重しとなった。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比275.50ポイント(0.98%)安の27888.55。週間では0.78%の上昇。…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

HKTと騰訊、金融向けクラウドで提携(18:52)

女性の出産、経済負担が重し NPO調査、住宅の狭さも影響(12/11)

新年度予算、企業支援など軸=陳財政長官(12/11)

ナガコープ社債がアジア最良、香港経済誌(12/11)

スタートアップの商品化を支援、科技園(12/11)

日系イベント情報(12月1回目)(12/11)

屯門の古紙リサイクル工場、23年稼働へ(12/11)

行列による経済損失、1年で24億米ドルに(12/11)

金融免許の申請が急増、大湾区を見据え(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン