台湾が高校学習指導要領を改定、中国史を縮小

【台北共同】台湾の教育部(教育省)はこのほど、2019年から採用する高校歴史の学習指導要領を改定、中国史を縮小して東アジア史の文脈で教えることを決定した。単独の中国史としての学習はなくなるため、野党国民党などからは「台湾独立派による脱中国化だ」という反発が出ている…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

工研院、警政署と共同でドローンパトロール案(13:38)

テイクオフ:台湾の統一地方選を通し…(11/21)

10月の輸出受注額、単月最高 スマホがけん引、米国からも好調(11/21)

TSMC向け、LNG発電の稼働前倒しを検討(11/21)

台湾MSがアクセラレーター、3年で40社支援(11/21)

宏碁のエッジコンピューティング、仏企業が採用(11/21)

仁宝の春節前ボーナス、19年は3カ月分以上(11/21)

日産ゴーン会長逮捕、台湾各紙も報道(11/21)

三菱電機の昇降機システム、南山広場に納入(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン