EV向け電池の競争激化、産官学で開発進める

【共同】自動車の電動化に向けた動きが活発化する中、電池を巡る競争が激しくなっている。現在主流のリチウムイオン電池では、韓国や中国のメーカーに押され、日本企業のシェアは2013年の75%から16年には31%に大幅縮小した。日本は次世代電池の開発を産官学で進めて巻き返す考え…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車電機IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(09/21)

テイクオフ:「偽札が1枚あったら全…(09/21)

首都にごみリサイクル施設 大崎町、州政府と協力し事業化へ(09/21)

河村電器、ドンナイ省に現法設立(09/21)

千代田インテが車載部品強化 電動化に対応、機能材に強み(09/21)

8月の新車販売、28%増の8.7万台(09/21)

日系TVP、情報会社フロンティアに出資(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

日本品質保証機構、日本電計と越で合弁(09/21)

8月の新車販売(表)(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン