全国のPM2.5濃度、7月は14.8%改善

中国生態環境省が14日発表した7月の大気汚染状況測定結果によると、地級市以上の全国338都市を対象とした微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は23マイクログラムで、前年同月比14.8%低下した。うち大気汚染が特に深刻な京津冀(北京市、天津市…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

TSLが米中貿易摩擦に備え、顧客離れ防止(13:26)

中国の納税時間3割短縮、世銀とPwC調査(12:36)

中国から自転車生産移管 米企業が計画、貿易摩擦を回避(11/21)

農業用ドローン販売、独バイエルと中国メーカー(11/21)

テイクオフ:広州モーターショーから…(11/21)

今年の訪日客は800万人超え 携程が予測、来年のビザ緩和期待(11/21)

アリババの独身の日、1時間で9万ドル販売(11/21)

運輸相、「一帯一路」は貿易拡大に寄与(11/21)

民営企業の支援強化、税制面から=税務総局(11/21)

日本フルハーフ、来年に冷蔵車ボディー生産(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン