豪資源の自動化、30年までに実現=日立建機

日立建機はこのほど、オーストラリアの資源業界は2030年までに完全自動化がほぼ実現されるとの見通しを明らかにした。同社は7月に地場産炭会社ホワイトヘイブン・コールへ鉱山用ダンプトラック自律走行システム(AHS)を納入し、今後は鉱山運行管理システム(FMS)と組み合…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの家のド…(11/15)

豪州の3Q賃金、2.3%上昇 最低賃金引き上げが貢献(11/15)

豪11月消費者マインド改善、楽観12カ月続く(11/15)

政府、中小企業向けローン市場に20億$投入(11/15)

労働党の340億$増税案、豪経済に悪影響か(11/15)

QLDの鉱山リハビリ改正法、既存鉱山除外(11/15)

炭素税導入案、石油大手ウッドサイドは賛成(11/15)

NSW州が送電網開発、再生エネ投資増狙い(11/15)

豪、次期潜水艦の建造で仏に財務保証を要求(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン