• 印刷する

テイクオフ:ジャカルタでは最近、歩…

ジャカルタでは最近、歩道が見違えるように美しくなった。少し前まで、道幅は狭く、段差があちこちにあり、デコボコの多い道だった。環境の変化は、生活習慣を変える。市民が安心して歩ける街にしたい。そんな政府の意気込みがうかがえる。

だが、目標への道のりはまだまだ遠い。例えば、整備された歩道に繰り出すバイク。大渋滞の車道を避け、手っ取り早くすり抜けるには都合がいい、と考えるライダーが多いのだろう。歩道を突っ走るバイクタクシーの運転手に、注意した歩行者が殴られる傷害事件まで起きた。

広々とした歩道で、スケートボードを楽しむ若者たちも現れ始めた。そんな姿を、これぞジャカルタのあるべき姿だと誇らしげに会員制交流サイト(SNS)に発信したのは、ジャカルタ特別州政府だった。人びとの意識が変わるまで、あともう一歩。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(03/22)

資源大手メドコ、英企業の買収額を引き上げ(03/22)

ライオンエア、IPOで10億ドル調達か(03/22)

EUに輸入規制で報復を検討 WTOに提訴も、パーム油規制で(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

政策金利6%で据え置き、4カ月連続(03/22)

ボルボ、展示会で新型バス2種を発売(03/22)

バイクタクシー運転手の月収、最低賃金以上(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン