14日指数は反発、受動部品株上昇で安心感拡大

14日の台湾株式市場で加権指数は反発。終値は前日比75.31ポイント(0.70%)上昇し10,824.23ポイント、売買代金は1,355億9,600万台湾元(約4,890億円)だった。 前日に加権指数が2%を超える下げとなった集中市場、14日の取引では、売りがきつかった受動部品株が相次いで買い戻さ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅の隣で、数カ月前に…(09/19)

「統一」が「現状維持」超過 基金会調査、「独立」は下降続く(09/19)

中租控股、金融セルカードの60%株取得(09/19)

裕隆の苗栗第2工場建設、環境アセス初審通過(09/19)

達邦が生産増強、印工場は20年下期に量産へ(09/19)

家電の声宝、台南工場が19年末に完成(09/19)

ボルト・ナットの生産額、18年は過去最高も(09/19)

雄獅傘下の欣食旅、レストラン出店を加速(09/19)

桃園空港MRT沿線の不動産価格、9駅で上昇(09/19)

NCC、フェイクニュースの罰金倍額に(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン