• 印刷する

19年最低賃金、5.3%引き上げで政府答申へ

ベトナムで最低賃金改定に関する政府の諮問機関である国家賃金評議会(NWC)の第3回会合が13日開催され、2019年1月から適用する最低賃金を18年比で平均5.3%の上昇率とすることで労使の代表が合意した。この案が政府に答申されることになる。13日付トイバオキンテー電子版などが報じた。

ベトナムの最低賃金は地域別に設定されており、最も高いハノイやホーチミン市などの都市部を含む第1地域から第4地域まである。合意案によれば、第1地域は20万ドン(8.6米ドル、約950円)増の418万ドン、第2地域は18万ドン増の371万ドン、第3地域は16万ドン増の325万ドン、第4地域も16万ドン増の292万ドンとなる。

7月に開催された2回目の会合では、労働者側代表のベトナム労働総同盟(VGCL)が8%の上昇を主張する一方、雇用者側代表のベトナム商工会議所(VCCI)は2%の引き上げしか認めず、6%の隔たりがあった。今回の会合では、VGCLが6.1%を、VCCIは5.1%を提案したが、最終的に5.3%で合意に至った。

NWCの議長を務めるゾアン・マウ・ジエップ労働・傷病軍人・社会事業次官は、「この結果に満足している。労働者側も雇用者側も受け入れ可能な上昇率になった」とコメントした。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

バリアブンタウ省へ投資拡大 地方からの経済発展、日本が支援(06/27)

マイリンウィラー、日本語対応の配車アプリ(06/27)

バンブー航空、航空スタッフ養成学校を創設(06/27)

ペトロベトナム、フン副社長が新社長に(06/27)

チバイ港ガスタンク、サムスンC&Tが受注(06/27)

韓国化粧品会社、年内に越へ店舗展開へ(06/27)

ティエンフォンプラ、890億ドン無償増資(06/27)

国産偽造のアサンゾ、商工省が査察へ(06/27)

荒川化学、製紙用薬品の工場立ち上げへ(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン