不動産投資が活発、4~6月の取引額19%増

シンガポールで引き続き不動産投資が活発だ。米系不動産仲介コリアーズ・インターナショナルの最新リポートによると、4~6月期の取引額は122億Sドル(約9,840億円)となり、前年同期から19%増加した。 ただ政府が7月に新たな不動産投機抑制策を打ち出したことから、下半期(…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールの公共バス…(03/19)

越境モバイル決済の輪を拡大 シングテル、ネットスターズと提携(03/19)

2月輸出額5%増、4カ月ぶりにプラス(03/19)

NECとラック、ア太のサイバー防衛で協業(03/19)

タイムイノベ、19日に仮想通貨のIEO開始(03/19)

ECのシナジー、スマホ保険を開始(03/19)

ECサイト運営ユーズー、国内事業を閉鎖(03/19)

ウィルグループ現法、豪u&uの株式取得(03/19)

良品計画、地場イウイガを商標権侵害で提訴(03/19)

ボーステッド、シンガポール社にホテル売却(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン