• 印刷する

テイクオフ:チャットアプリ「微信(…

チャットアプリ「微信(ウィーチャット)」は、自分の声を録音したデータを送信してやり取りすることもできる。いちいち文字入力しなくても済むことからスマホの操作に不慣れな中高年から歓迎されているこの機能、中国の若者には不満もあるようだ。

周囲が騒がしいと音が聞き取れず、図書館など静かな環境では逆に周りの迷惑になってしまう。長文のメッセージでは一言でも聞き漏らすとまた最初から再生しなければならない。若者たちは「送る側は楽かもしれないが、受け取る側には負担」「礼儀知らず」「年上、目上の人が使うもの」と手厳しい。

どちらの言い分も一理あるこの世代間問題。落としどころを探るのは難しそうだが、最近は中国でも音声を自動で文字に起こす機能の研究が進んでいると聞く。新しい技術の登場で意外とあっさり解決してしまうのかも。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(01/18)

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(01/18)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン