【三井住友銀行編:香港・華南ビジネス】第67回 中国改革開放40周年、GDPから見る深セン市の変遷

2018年は中国が改革開放政策に転換してから40周年に当たります。経済特区という位置付けの下、改革の「実験場」として、対外開放の「窓口」として改革開放政策を主導してきた深セン市は、急速な発展を遂げ、かつての小さな漁村から「世界の工場」へ、そして昨今は「イノベーション…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スイス時計の香港輸出3割減 シェア、中国本土に抜かれ3位に(11/21)

10月の輸出受注、3.5%減に 1年連続でマイナス、電子上向き(11/21)

仁川空港、拡張競争に参戦 「アジアのハブ」奪還へ大型投資(11/21)

香港理工大、衝突で1200人超逮捕=抗議失速も(11/21)

米上院も香港人権法案可決、中国反発=署名焦点(11/21)

地方選挙が焦点に、民主派躍進か=延期も(11/21)

区議選、混乱1時間半超えれば延期=選管(11/21)

香港取引所、スペイン証取買収を計画か(11/21)

フィッチ、中堅銀行の見通しは「安定」維持(11/21)

反落、香港人権法可決などが重し=香港株式(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン