フィリピン航空、上半期は赤字が8%拡大

フィリピン航空(PAL)の持ち株会社PALホールディングスが発表した2018年上半期(1~6月)の連結決算は、純損失が9億7,000万ペソ(約20億円)となり、前年同期から赤字が8.6%拡大した。燃油費や機体の整備費用がかさみ、支出が売上高を上回った。 売上高は前年同期比13…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ATM代替アプリ、2年で取引額20億円超に(14:29)

テイクオフ:プールサイドで、アクシ…(01/17)

今年はPUV近代化を推進 陸運委、配車アプリの規制緩和も(01/17)

PUV近代化、民間銀行が資金提供前向き(01/17)

東南アの車生産、1~11月は8%増の403万台(01/17)

労組が全国の日額最賃上げ請願へ、最大740円(01/17)

マニラ湾の環境改善、違反は罰金1日42万円(01/17)

米ペイパル、国際顧客対応拠点開設へ(01/17)

16日為替:$1=52.130ペソ(↓)(01/17)

ミャンマー特化の投資ファンドが立ち上げ(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン